これからの浄化舎本舗。

最終更新: 3月19日

こんばんは、営業の神野です。


3月から本格始動し、少しずつではありますが、受注をいただくようになってきました。

なにぶん、この業界においては新参者のため、日々学ぶこと、感じることがたくさんありすぎて、吸収するのに少し疲れ気味です 笑。


さて、弊社はもともと外構工事(わかりやすく言うと、一般住宅の排水溝やアスファルト舗装、整地など)が本業の会社ですが、この遺品整理業の部署を立ち上げるにあたり、準備段階から心に決めていることがあります。


それは、

「正しいことをして、成長する」


です。

正しいことをするのは当たり前じゃないか!と、思われるかもしれませんが、残念ながらその当たり前の正しいことをせずに、金儲けばかり考えている業者がいることも事実です。




私たちも営利企業なので、利益を出さなければ会社を存続することができません。ですが、利益を追求するあまり、法を逸脱したり、人の道に外れるようなことをして儲けても、決して長くは続かないし、きっとすぐに淘汰されます。


だから、私たちは以下に示すことを全従業員で共有し、これから入ってくる従業員にも、きちんと教育していきます。


1、常にご家族、ご遺族の気持ちを汲み取って、遺品、家財を取り扱う。


他人から見て「ゴミ」のようなものでも、個人やご家族にとって大切なものかもしれません。常にひとつひとつの品物を丁寧に取り扱うことを忘れません。当たり前ですね。


2、廃棄物は責任を持って、然るべき方法で処分する。


一般住宅から出る廃棄物は、いわゆる産廃ではなく、一般廃棄物になります。一般廃棄物を収集、処分を出来るのは、札幌市では「札幌市環境事業公社」様のみです。私たちは、必ず適正な方法で処分を委託します。中には、すべて産廃で処分したり、ひどい業者になると、山に不法投棄をする輩もあとを絶ちません・・・・。業界健全化のために不法投棄は許しませんし、絶対にしません!    当たり前です。



3、日ごろから技術の研鑽に努める。


当たり前です。日々、技術は進歩しています。

機材の進歩もさることながら、私たちの業界も日々進歩しています。常日頃から、情報に敏感であり、良いものはどんどん取り入れ、レベルアップを図る努力を怠りません。


4、遵法精神を常に持つ。


当たり前です!

各種法律を守ることは当然ですが、社会通念上、良いのか悪いのか、はたまたグレーゾーンなのかということで、スタッフも現場で迷うこともあると思いますが、一歩立ち止まり、わからないことは会社に指示を仰ぎ、会社も判断できないようなことであれば、各関係機関に問い合わせる手間を惜しみません。



この、当たり前に思えることを偉そうに宣言するのも恥ずかしいのですが、創業時のこの気持ちを忘れずに、私も、会社も、一日一日成長していきたいと思った夜でした。


次亜塩素酸水、まだ在庫に余裕があります。

無くなり次第入荷できるかどうか不明ですが、是非お問い合わせください!

0120-556-906まで



51回の閲覧

最新記事

すべて表示

新型コロナウイルスについて

こんにちは。営業の神野です。 先月末より、バタバタとしており、久しぶりの更新となってしまいました・・・。 こんなんじゃいけないとは思っていながらも、延ばし延ばしになってしまったことを反省しています・・・。 さて、ここのところ、コロナ騒ぎも大きいものになってしまい、緊急事態宣言が発出されましたね。 個人的な考えですが、この騒ぎは一年程度続くのではないかと思っています。 その間、飲食店や観光業界はもと

LINEで相談.png
  • Twitter
  • Instagram

加盟団体様

​特殊清掃 遺品整理

サッポロスマイルパートナーズ企業

​浄化舎本舗(じょうかしゃほんぽ)

​〒007-0836

北海道札幌市東区北36条東27丁目2−1

© 2020  by Copyright Field-jyoukasyahonpo Co.,Ltd.